PITSマツクラ日記

オーガニックカラーは扱っていません

オーガニック、
このワードを聞いてどう感じますか?

細かいことは知らないけど、
ネガティブに感じる方のほうが少ないのでは?と思ってます。


実際は農薬や薬品などを使用せずに作られた野菜など、
食品に対する言葉なんですが、
合成化学物質に汚染されていないので、

クリーン、健康的、安全
という漠然としたイメージが、
諸々にいい印象を与えていると思われます。


まあネガ意見もあるのも承知してますが、それは置いときます。





ところで最近、オーガニックサロンや
オーガニックカラー、オーガニック〜〜
がよく目に止まるんですよ。
地元でも、そんなサロン見かけたし。

流行ってますね。


でも
美容室って、バリバリのケミカル屋ですよ。
合成化学物質オンリーと言っても過言じゃないくらい。



だって、パーマ液ですよ。
カラー剤やシャンプーですよ!?

オーガニックなんてありえないんですよ、正直言って。



オーガニックカラー?
ネットやクーポン誌でよく見かけます。
「前はオーガニックカラーで染めました〜」

て方もいらっしゃいました。

でも実際はただの普通のカラーに、精油が数滴入ってるくらいでしょう。


それでカラーの染まりや仕上がりに何か違いがあるのか、
髪や体にいいことあるのか
といったら、特にないです。

むしろ手触りをよくするために変なコーティング剤でも入っているのがオチです。



でも、材料屋が
「髪にとってもいいオーガニックカラーが発売されまして、時代のトレンドです〜〜〜」


と言いながら持ってくると
そういうの好きな方が使いだして、
オーガニックサロンなんて名乗ってしまう、
でもやってることや使ってるものは実は以前から変わらず。


耳当たりのいい商材がサロンに増えただけ、みたいな。




かわいそうなのはお客様。
特別なもので施術され、アレルギーや刺激も安心!
やっとわたしに合う、安全なカラーに出会った!

と思ってやったらなにも変わらないし、髪も傷む一方と。。

〜〜〜〜〜


ではPITSの考え方。


オーガニックという言葉に、
ヨーロッパにあるような基準が設定されていない日本では、
プールに1滴のオーガニック精油が入っていても
オーガニック製品と名乗れるので、

街やネット上にあふれるオーガニック製品も、

厳選された素材を使用して、安心度の高い製品から、
以前でいう旧表示指定成分が多量に使用されているものの中に数滴精油が入っているような、

「え!?これで?」

というものまで、もうメチャクチャ




なので、オーガニック〇〇
という商品は全くのあてにならないものという認識です。



PITSはオーガニック製品も、
そうでない商品も原料から調べ、
アレルギーの方や、敏感肌の方へどの程度提供できるか、
ということを基準として、商品を構成しています。



前途の通りサロンはケミカル屋なので、
残念ながら限界はありますし


私は医師ではないので、
サロン施術と健康被害の因果関係については
わかりませんし、する立場でもありません。



しかし、
あまりに無頓着すぎる美容業界の「安全性」について、
本質滴なところから、できる限り気を使っている、

これがPITSの考えるオーガニックサロンです。




もし、こんなサロンに興味が湧きましたら
お問い合わせの際
「ブログ見たよ!」

とお伝えくださいね。

03-3427-8714
info@pits-hair.com







# by pitshair | 2019-01-19 13:35 | salon