PITSマツクラ日記

<   2017年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

まつ毛が伸び〜る美容液はなぜできたか。

当店で販売している

まつ毛が本当によく伸びる美容液「EGUTAM」

売れ筋商品の上位にいつもいます。


これは

確実に結果が出て

従来のまつ毛美容液のように色素沈着を起こすこともなく

きっちり使って効果が出なければ

完全返金保障付き


だからだと思います。



そんな

EGUTAMの開発秘話を社長より聞くことができたので

ご紹介しますね。








「手に入りにくいから価値がある。」

珍しいから、貴重とされる。

これは、DNAでもそうです。

日本人の大勢からすると

彫りの深い顔がもてます。

自分の血と離れているから

美人と感じるし、イケメンと感じるわけです。

血が離れた者同士交配すると

基本的に、生物的に優秀な遺伝子が残る。

遠い血同士が交配して、生まれた遺伝子は、

当然、価値があるとみなされます。

(実際に、遺伝疾患などが少なく、優秀)

芸能界に、ハーフタレントがこれだけ多いのは、

そういうわけです。

香椎由宇などは、遺伝子的にほとんど完璧な骨格をしており

きれいな左右対称だそうです。

死んだら、研究対象として保存されるレヴェルだと言われていますね。

芸能界で、沖縄出身のタレントが多いのも

本土には、南方の遺伝子が少なく貴重だからこそ

大勢の日本人は、沖縄の人らを美男美女だと認識します。

だからこそ、沖縄出身のタレントが多い。

逆に、

顔の薄いのは、顔の濃い人ばかりの国ではモテるんです。

「インドでは、お前、男前だよ。」

なんてネパール人の友人にそそのかされ、大学時代に大いなる

下心を持ってインドに行ってきたんですが、明らかに日本と違い

小さい女の子から、老女まで、インド人女性からの受けがいいのを実感しました。

あと、カザフスタンとか。

私のような典型的な東洋人顔でも

東洋人が珍しい国に行けば、なんとかなるもんです。

其の例として、国際結婚する日本人女性。

日本に暮らしていたら、日本人男性からは、さほど人気が出なさそうな人が多い。

渥美清のようなお顔立ちの女性でも

白人、黒人、東南アジア人の条件の良いお金持ちで男前男性を

旦那さんにしているのを見てますと

「なるほど。そこに、売先を見つけたか。遺伝子の戦略ってすごいなあ。」

と、感心します。

犬でもそうですね。

雑種が、病気になりにくいし賢い。

其の親の犬種に比べて、の話ですが。

さて、日本人の多く 7割は

一重まぶたです。

その、生まれつきの一重まぶたを、

そのままにしておく日本人女性はほとんどおりません。

アイメイクで輪郭を大きくしたり

アイプチで二重にしたり、

つけまつげをつけたり、必死にウソを付くわけです。

2009年だか2010年の頃のことです。

なかなかのレベルの美人を

何ヶ月もかけて口説いて、やっとの思いで関係を持つことができました。

新しい彼女が出来て、本当に嬉しくて

2人して、幸福感に包まれ眠りにつきました。

一夜明けて、朝、起きてみると、隣に、

見覚えのない山下達郎(メス)が寝てたのです。

その一件があってからというもの

私重度のPTSD症候群に悩まされています。

8年もたった今でも、その後遺症が残り

時々、心臓がキリキリと傷んだりしますし、

わけもなく過食に走ったりするのはおそらく、それが原因でしょう。

さて、私のように騙された男性は

知らず知らずのうちに

その女性に対する態度が変化してしまいます。

自分では、それは失礼だと、抑えているつもりでも、です。

たぶん、女性もそのへんの空気の変化はわかるんでしょう。

「ねえ、私、メイク取ると、印象違う?」

なんて冗談ぽく聞いてきたりしまして、私も

「えーっと、すいません。あなた、どちらさまでしょうか?」

アメリカンジョークというか、それとなく、やんわり伝えました。

其の返しに、ひどーいなんてゲラゲラ笑う女性も、

次第に、だんだん腹が立ってくるんでしょうね。

「なんか、今朝から、冷たいんだけど。釣ったら、餌をやらないタイプ?」

そんな風に非難がましく言われるわけです。

すると、こっちも色々と言いかえしたいわけです。

しかし、そのまま言うと、これまた、こちらが悪者になる。

「俺は、人見知りやねんて。君とは、さっき初めて会ったばっかりやんか。」

そう返すのが精一杯です。

女性は、私の自宅を出るときには、すっかり不機嫌になり

「すっぴんを見せた方が喜ぶと思ったのに。」

「え?誰が喜ぶの?」

「前の彼氏は!」

「それは、あなたへの優しい嘘なんで。」

「そんなわけない。みんな、すっぴん好きだし。」

「メイクって、基本、すっぴんより美しくなるわけだからね。」

「じゃあ、あんたの前では、もうメイク絶対取らないから!」

「ぜひ!自分は化粧品屋なんでそうしてください。」

中指を立てて、エレベーターに乗り込むその女性

おそらくセックスアンドザ・シティのファンだったんでしょう。

アメリカナイズしすぎでございました

その後は、予想通りというか、お互い連絡が途絶えました。

(それにしても、目で、印象変わるなあ。人生も変えるなあ。)




by pitshair | 2017-03-24 09:19 | salon

食事から見直す

酵素のことを書こうと思ったら
チーフがネタにしてた(^◇^;)


まあ被りますがそれも良しってことで。


酵素の摂取に目覚めたのは
10年ほど前に知り合いの製薬会社の社長が
酵素の重要性を説いてくれ
無農薬、無化学肥料で
非加熱冷凍人参ジュースを飲みはじめたたのがきっかけです。

これがね、いいんですよ。
生まれつき腸が弱く
週の半分は下痢で出勤前にトイレ3回は行く男で
なにをどうやっても治らなかったのが
ピタっと無くなりました。



そうしたら、その社長が酵素を作ってくれました。
それが当店に置いてある
本気酵素と昇華酵素です。





酵素を熟知している方が作ったものなので
効果はバツグン、と言いたいとこですが
薬じゃないので言えません。
察してくださいな。

痩せた方
代謝が上がった方
便秘・下痢の改善
お肌の荒れ
脂肪のかたまりがとれた


等、いい報告が届いていますよ。




ぼくも変わらず飲んでいますが
最近は食事からも摂れるようにと
工夫してます。




そんなこんなで買ったのが
玄米専用炊飯器
酵素玄米pro2




もう、ず〜っと欲しかったんですよ。
玄米は好きで以前から食べてましたが
発芽〜炊飯〜酵素玄米
までのプロセスが面倒だったんですが
この子はそれをボタン一つでやってくれる賢い子なんです。


炊きあがり後から酵素玄米にするには
3~1週間ほど寝かすので
家には炊飯器が2個
(1個は保温用ですね)


圧力鍋みたいにオモリがついていて
かなりの高圧で炊いているので
びっくりするくらい柔らかく炊きあがります。



これを3食、食べてます。
(敬愛する某氏の影響ですw)



先日ハワイ島に行っていたのですが
そこの人たちの暮らしぶりや
地球や環境、生あるものへの考え方や姿勢も
強く影響しています。

その話はおいおい書きますね。







by pitshair | 2017-03-22 17:27 | 日常

1年半ぶりに投稿してみる。

お久しぶりです。
店のブログを作り、主要なことはそっちにポストしていたため
だいぶおざなりになっていましたが
こっちはこっちでゆるーく続けようと思いますんで、宜しくお願いします。





この半年は色々とありました。

しばらく回顧録も混ぜながらポストの予定ですが、今回は内容が少し重いです。
松倉博47歳の現実にフタをすることも可能ですが
自分に正直に、嘘のない人生を歩みたいというのが本心なので
あくまで個人的なこっちのブログで、現実を吐き出そうと思いました。

ここまでで、ん?と思う方は、どうぞスルーなさってください。
重いのは1回で終わりにしますので。



秋に持病の腰痛が悪化し
一人のお客様を最初から最後まで担当する時間を立っていられなくなってしまいました。

いままではヨガでなんとか痛みを逃せていたのが
どうにもそれができなくなり
自己コントロール不能の状態になりました。

24時間痛い
夜も痛みで起きてしまう
新宿までの電車の距離を、立っているのが辛い


こんな毎日が続き
気持ちがネガティヴに向かってしまいました。



美容業界に入って間も無く29年。
独立して21年。
ずっと働いてきました。

最初の頃は、定休日無し、24時間受付でした(スタッフはぼくと妹の2人)
借金を持つ、というのが、ぼくの中ではとても大きなことだったのでしょう。

もうひとつ、未来を誓い合った婚約者に
「こんなせまいとこで終わりたくない」
と開店1ヶ月前にお別れし、大きな心の傷を負いました。
今は感謝してますよ、もちろん。
それがあるから、妻と出会い、子供達と出会えたんですから。

まあ、がむしゃらに突っ走る要因は十分だったんですよ。



ご縁があり、月に2回、定休日を利用し
病院や老人ホームへの出張カットやカラーを18年続けています。

なので月2~3回の休日で長い月日を過ごしました。
それこそこの21年はほぼPITSに捧げました。
決して仕事量や休日の量を誇っているわけではありません、書き残したいだけなので。



いつだか
友人の中国人シェフが
「昨日は1年半ぶりに休んだよ」
とさらっと言ったことが、頭の片隅に残っていました。
オレだってまだできると。

自分の店なんで当然ですし
自分で選んだことなので悔いはないですが
その結果がこんな形で現れたんだなと。



「オレ、10年後歩けないんじゃないか?」
という身体の危機を感じました。

趣味は海で潜ったりサーフィンしたり
キャンプをしたり登山だったりとアウトドアなんです。
身体が資本です、すべて。

妻へは、新婚旅行どころか、結婚式当日に泊まったホテルから
翌朝7時に起きてPITSに出勤し、そのまま現在です。
時間をろくに取ってあげられませんでした。


現実的に今のペースを保つのが困難と感じた時
ぼくの中では仕事を離れることへの不安と恐怖
あとは、悪いことをしているんじゃないか
という考えが拭いきれずにいましたが

おかげさまでスタッフはよく働いてくれ
信頼できるまでに成長しましたし
なにより、ぼくのなにかが、このままじゃいけない、と言っているようでした。

仕事は大切だけど、同じくらい大事な
「自分の人生」
との天秤にかけなければならない時が
ついに来たのを感じました。

そして、悩んだ上、というか、そうせざるを得なかったのですが
仕事のボリュームを減らそう、と決めました。

できた時間は、経営で店とスタッフを裏側からサポートしようと。





病院と老人ホームは有志のスタッフと友人が行ってくれています。

このことをお客様にお伝えしたら
多くな方が心配してくれ
何人もお医者様を紹介くださいました。

ああ、たくさんの人たちに支えられているんだなと、実感しています。


現在は週に2~3回休みを取っていますが
店は武藤チーフを中心によくまとまり
いい雰囲気になっています。

なにより、ぼくの考える
「傷んだ髪をきれいにして幸せな毎日を送ってもらう」

ということを、スタッフ皆理解しているので
安心して任せられるようになりました。




腰は元々の骨格の歪みが原因なので
痛みがスッキリなくなるかは、まだわかりません。
しかし、昨年夏過ぎからの壊滅的な痛みからは脱出して来ました。


時間ができたことによって
見える世界が違ってきました。

そんな、新たな目線からの投稿ができたら楽しいかな、とも思っています。







by pitshair | 2017-03-20 15:23 | salon